オフィスH  誠信の交わり

オフィスH(オフィスアッシュ)のブログです。世界から、豊かな物語を紡ぐ個性的なアニメーション映画や独立系作家に役立つ情報を紹介します。

2006年08月

小泉内閣の規制緩和の方針を受けて、コンテンツ資金調達手法の多様化が進む。中でも、コンテンツのファンド設立、信託運用は、一般投資家などからの外部資金流入の最有力策として期待される。コンテンツ信託の扉を開いた官民協働の経緯と先駆者JDC信託の実績を振り返る。 …
続きを読む

知的財産立国を掲げる政府は、経済界からの要望もあり、規制緩和によるコンテンツ資金調達の制度整備を急ぐ。昨年は、新制度を利用したファンド等が増え、高額資金の調達も可能になりつつある。直接金融の流れを作るコンテンツファンドや、制作者の権利・収益確保の自由度を …
続きを読む

こんにちは、オフィスHの伊藤です。お久しぶりです。 この夏は、YouTube(http://www.youtube.com/)で遊びました。 「へー、ここまでのせるか~」 著作権とは何なんだ?と思いつつも、昔の連ドラなんかが見つかると嬉しくて、スイマセン。 のせる手間もたいへんでしょ …
続きを読む

東京の夏は、嫌い。 息をしているだけで、ジトーと汗がにじみ、じっとり。 とにかく早く、早く秋風が吹いてくれることを祈るのみ。 夏は、出不精になり、ブログ更新もお座なりに… 今日は、珍しく映画を観てきました。 ポレポレ東中野で上映中の「夏音-Caonne」(IZAM …
続きを読む

数日前、母方の親戚が靖国神社に祭られていることを知りました。 わずか百年余の間で、246万以上の英霊を作ってしまったのですから、 日本国民の誰もが、”英霊の親族”であってもおかしくないですね。 つまり、母も、わたしも靖国神社の御霊の”遺族”。 それを知った母 …
続きを読む
世界の檜舞台へ 仏アーティストレジデンス募集

オフィスHがビジネスコーディネーションしている、フランスのFolimageスタジオから重要なお知らせが届きました。 ☆ アニメーション作家のための、アーティストインレジデンス「La R??sidence」 密かに温めている自主企画はありませんか? フランスのFolimageスタ …
続きを読む
Tokyoシネフェス

東京国際映画祭(TIFF)の記者発表会に行ってきました。 90歳になる市川崑監督に、黒沢明賞が贈られるそうです。 お祝いに、工藤夕貴さんが来ていて、 「どうして工藤夕貴?」なんて不思議でしたが、国際審査員の一人なんだそうです。 ちなみに審査委員長は、フランス …
続きを読む