オフィスH  誠信の交わり

オフィスH(オフィスアッシュ)のブログです。世界から、豊かな物語を紡ぐ個性的なアニメーション映画や独立系作家に役立つ情報を紹介します。

2006年09月

IT 隔世の感

仕事にのってくると、ついつい鼻歌が出ませんか? サラリーマン時代、周りの迷惑を顧みず、一人の世界に浸ってたなー 青山の事務所から夜な夜な聞こえてくる、松田聖子の「赤いスイトピー」。 怪談でも、幻聴でもなく、マーコムマネージャーの鼻歌。 今は鼻歌でなく、 …
続きを読む
配給作品が収録されています

8月にTDKコア社から発売された、 国際アートアニメーションインデックス 「山村浩二 知られざるアニメーション」Vol.1とVol.2 ばーん、楽しいジャケットです。 エストニアの3作品、 ドリエッセン(ドリューセン)さんの『3人のおとめ』、 アルカベッツさんの『愛の …
続きを読む

HNews番外です。 カナダのオタワ国際アニメーションフェスティバル(Ottawa 2006、9月20日~24日、http://ottawa.awn.com/)関連情報です。 "YOUR CAREER IN ANIMATION: HOW TO SURVIVE AND THRIVE" BY DAVID LEVY というサイトが開きました。 http://ottawa.awn.com …
続きを読む

アニメ業界で資金需要を持つ独立系制作者や中小制作会社の事例・実情を紹介する。 <ミニ・ジョイントベンチャーとしてLLPを活用する、シンク> シンクが制作に携わった『アニマトリックス』(ワーナー・ホーム・ビデオ2003年)は、人気映画『マトリックス リローデッド …
続きを読む

映画などの制作資金調達スキームとして製作委員会方式は発達した。しかし、その将来が危ぶまれる。そこで登場したのが、有限責任事業組合(LLP)である。 LLPは中小規模のコンテンツ制作者に適した制度として歓迎する事業者がある一方で、組成数は期待を下回る。事業組合の …
続きを読む

こんにちは、オフィスHの伊藤です。 以前にもお知らせしましたが、「Best of Annecy 2006」上映会はおこないません。 トリウッドでのアニメーション上映もおこないません。 来年の春、パワーアップして登場の予定です。 作品選定に入っています(ウッヒッヒ、良い作品あ …
続きを読む
ジュネーブのPolymanga 2006

日本のサブカル文化「ジャパンコンテンツ」のイベントが、ジュネーブでも開催されたそうです。 ジュネーブのWIPO(世界知的所有権機関)で活躍される、Sさんがレポートしてくれました。 Sさんは、今春まで霞ヶ関にいらして、今はメトロポリタンのジュネーブ勤務です。 …
続きを読む

「結婚できない男」の阿部寛が、 名刺を見ながら、「半角小文字・英数字…」とぼやく、目薬のCM、 二枚目の阿部ちゃんを同世代に感じた瞬間。 去年の夏頃は、複雑怪奇な東京地下鉄のミニ路線図も、トンガッタ人の名刺様の紙片も、 何の苦もなく読めたのに。 ある日 …
続きを読む

昨年12月に100億円を超えるコンテンツファンド組成の発表が相次いだ。GDHは、グループ傘下のアニメ制作資金とベンチャーキャピタルに金融機関や機関投資家から資金調達する。8年の実績を持つJDC信託は、ミドルリスクなポートフォリオ型ファンドの一般売出を開始する。 <2 …
続きを読む

こんにちは、オフィスHの伊藤です。 前回YouTube(http://www.youtube.com/)のことを書いたら、さっそく反応をいただきました。 日本の連ドラに中国語や英語の字幕がついて、DVD拝借が見え見えのも乗っていますよね。 「こりゃーマズイよね」と家人と言い合いながらも …
続きを読む