オフィスH  誠信の交わり

オフィスH(オフィスアッシュ)のブログです。世界から、豊かな物語を紡ぐ個性的なアニメーション映画や独立系作家に役立つ情報を紹介します。

2009年03月

Annecy 2009の、長編を除くコンペティション候補作品が公式サイトにアップされています。 グランプリに当たるクリスタル賞の対象となる「短編部門」には、日本からのエントリーは1本だけでした。 長尾武奈さんの『チェーンソー・メイド』。 ・・・かなり過激な展開のようで …
続きを読む
フォリマージュ スタジオの引っ越し

フランスのアニメーションスタジオ、Folimage(フォリマージュ)が引っ越ししました。 La Cartoucherieという、なんと“弾薬工場”の跡地ながら、なかなか雰囲気のあるサイトです(写真) 本当は、数ヶ月前に引っ越すハズだったのに、工事屋さんの手違いで窓だかドアだかが …
続きを読む

長編アニメーション『キリクと魔女』で日本でもお馴染みのミシェル・オスロ監督が、自らの半生を語っています。 無名の若き日、アパートで仲間たちと始めたアニメーション制作のこと、CGアニメーションのこと、フランスのアニメーションの強さのこと、そして新作のこと。 若 …
続きを読む

KOTRA(大韓貿易投資振興公社) 東京IT支援センターのメルマガによると、韓国の「2008年eラーニング産業実態調査」結果が発表されました。 以下、メルマガの転送です。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――― 知識経済部と韓国電子取引振興 …
続きを読む

(1)文化庁の映像系の予算 (2)Pronews連載:スイスの技術の研究開発と産業化の連携 (3)「アニメーションの絵本」by女子美術大学 (4)第9回ラピュタアニメーションフェスティバル2009、開催中 (5)フィルムセンター「カナダ・アニメーション映画名作選」、開催中 …
続きを読む
TAF関連、研究開発と産業化、海外特集 (前半)

こんにちは、オフィスHの伊藤です。 TAF(東京国際アニメフェア)に行ってきました。大音響、あぁぁ騒々しかったぁ・・・ いろいろ出展はありましたが、やっぱりCREATOR'S WORLDは素通りできませんね。 馴染みの方々、そして新出展の方々、近況も映像も楽しませていただきま …
続きを読む

コンテンツ関連省庁の来年度予算が決まってくる今日この頃。 “取材”で知り得た情報をお知らしなきゃ、と。 今回は文化庁の予算です。 2009年度は、こういう予算が、映像系に割り当てられる予定とか: I. 文化芸術創造プランの推進 (計15,425百万円)  1. 最高水準の …
続きを読む

「いつでも、どこでも・・・」、IT時代のキャッチフレーズ。 これ、始めたのは日本じゃないかしら。 ソニーの「WALKMAN ウォークマン」。 言わずと知れた、「いつでも、どこでも音楽を聴こう!」という文化を広めた、カセットテープサイズの携帯音楽プレイヤー。デジタル家電 …
続きを読む

仕事柄、霞ヶ関の官庁に遊びに・・・いや、いや打合せや取材に行くことがあります。 わたしのような下々は、正面玄関の受付で正規の手続きを経て入館と相成るわけです。 今日は、霞ヶ関3丁目、虎ノ門交差点にある文化庁へ行ってきました。 旧庁舎のファサードを保存しつつ、 …
続きを読む

CNET Japanで「インターネットの歴史--50の主要な出来事」という連載が始まりました。 URLをメモします。 「われわれは、インターネットの基礎となっているテクノロジのルーツから、インターネットの爆発的普及を促したウェブの特性、その途上甘んじて受けてきた訴訟、さら …
続きを読む

編みメーション作家・やたみほさんのアニメーションが、東京のJR山手線のラッピング車両に登場します。 期間は、3月2日(月)~16日(月)。 警視庁のラッピング車両で、車内モニターに流れる広告です。 「警視庁クイズ」のタイトルがやたさんの編みメーションです。 運良 …
続きを読む