オフィスH  誠信の交わり

オフィスH(オフィスアッシュ)のブログです。世界から、豊かな物語を紡ぐ個性的なアニメーション映画や独立系作家に役立つ情報を紹介します。

2014年08月

文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門大賞を受賞した『はちみつ色のユン』が、文化庁メディア芸術祭国内巡回事業 北九州市漫画ミュージアム 特別企画「越境するマンガとメディア」で上映されます。 ・・・はぁ、イベントのタイトルが長いですねぇ! 『はちみつ色 …
続きを読む

こんにちは、オフィスHの伊藤です。 リオデジャネイロのAnima Mundi(アニマ・ムンディ)で取材した、ブラジル・アニメーションのルポができました。 ブラジルのアニメーション制作、すごく元気が良かったです。 地元スタジオは、米国系大手CATV相手に互角のビジネスを …
続きを読む
ブラジルのアニメーション

7月末に訪問したリオデジャネイロでインタビューをした、2D LABのAndres Liebanさんと共同創立者のAndre Brietmanさんが2003年に制作したショートアニメーション『Aquarela(英題:Fadeaway)』>> 1本のエンピツから始まる、子どもの無限の想像力が地球を覆い尽くす。誰 …
続きを読む

東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻からお知らせです。 日本を東アジア文化圏の一員として、日本、中国、韓国の学生が共同で1本のアニメーションを制作するワークショップをしたそうです。 その成果発表会(8月17日)と関連イベントが今週末、横浜で開催され …
続きを読む

日本で”従軍慰安婦”と言われている、日本軍の戦時性奴隷に関する昨今の騒動について、韓国の朝鮮日報日本語版に国際部長の鮮于鉦(ソンウ・ジョン)さんの「朝日新聞の孤立」というコラム記事が掲載されました。 本文>> 朝日新聞がこれまで行ってきた”従軍慰安婦” …
続きを読む

日本ではクールジャパン。官民一体(?)で、日本の食、ファッションそしてマンガ・アニメを世界へ売り出せ!ってやっています。 韓国もLAで、ファンション韓流(K-POPを中心に食品、ファッション、化粧品、自動車、情報技術(IT)等の文化コンテンツ)をアメリカへ売り込むイ …
続きを読む

8月6日に書いた「国連人権高等弁務官 慰安婦問題で日本を強く批判」の続報です。 韓国・聯合ニュースは、同紙が行なった書面インタビューで、ナバネセム・ピレイ前国連人権高等弁務官は8月31日の退任に先立ち、「日本政府に対し、直ちに旧日本軍慰安婦問題を徹底調査し責任 …
続きを読む
ブラジルAnima Mundi

南米最大規模のアニメーション映画祭Anima Mundiに行ってきました。 ブラジルのリオデジャネイロとサンパウロの2都市で、7月29日から延べ11日間開催される映画祭です。 昨年もレポートしましたが、大勢の子どもたちが来場する、楽しいイベントでした。 3日にリオデジャ …
続きを読む