オフィスH  誠信の交わり

オフィスH(オフィスアッシュ)のブログです。世界から、豊かな物語を紡ぐ個性的なアニメーション映画や独立系作家に役立つ情報を紹介します。

こんにちは、オフィスHの伊藤です。

関東は久々の快晴。北から、乾いた空気も下りてきました。
コロナ禍は続く。春の騒ぎは過ぎ、ジリジリと、ジワジワと影響が広がる。経済に、こころに。
疲れたと思ったら、休みましょう。簡単に休めないなら、視線をずらすだけでも、遠くの空を見るだけでも、楽になる。
わたしは、愛の不時着から始まった「(主演俳優)ヒョンビン」沼。VOD各社のお試し期間でヒョンビン旧作に号泣しています。
思えば、実生活で泣くことないですね。韓流あるある、メロもいいんです。

(1)東京都「アニメーション海外進出ステップアッププログラム 2020」参加者募集
(2)グループ現代 ドキュメンタリー映画のレンタル配信開始
(3)花コリ 名古屋、10月24日、25日開催

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
(1)東京都「アニメーション海外進出ステップアッププログラム 2020」参加者募集

東京都のアニメーション制作/製作に携わる都内事業者向け支援事業「アニメーション海外進出ステップアッププログラム 2020」
、オンラインセミナーの参加者を募集中です。

海外アニメーションビジネスの市場動向、商習慣、売込方法・権利・契約等のスキル獲得をサポートする、実践的なプログラムがオンラインで実施されるそうです(参加無料)。

■日時
<海外ビジネスセミナー>
A 2020年 10月15日(木)19:00~20:30 「新時代の海外アニメーション市場を考えよう」
B 2020年 10月30日(金)19:00~20:30 「海外でアニメーションをつくるためのステップとは」
C 2020年 11月13日(金)19:00~20:30 「バイブル・ピッチとは ~海外バイヤーが求める情報~」
D 2020年 11月27日(金)19:00~20:00 「バイブル・ピッチを組み立ててみよう」
※A~Dのうち、ご希望の回を選択してご参加頂けます。

 <海外プレゼンスキル向上ワークショップ>
WS1 2020年12月 4日(金)18:00~20:45
WS2 2020年12月11日(金)18:00~20:45
※2回とも同様の内容を実施予定です。

 内容等詳細は公式サイト>> https://anime-tokyo.com/program/

■募集期限:各日程の2日前16:00まで
■主な対象:都内在住・在勤でアニメーション制作/製作に携わる中小企業の方で、海外に向けたビジネス展開を志す者。
■定員:各回60名(セミナー)、各回30名(ワークショップ)
■参加費:無料

*****
Netflix配信の韓国ドラマが世界的にヒットするのをみるにつけ、グローバルコンテンツとはなにか?と改めて考えています。
韓国の俳優が、韓国語で、韓国の社会的なテーマを織り込んだラブコメやサスペンス・・・アングロサクソン男子が中心だった時代-つい最近まで-なら、絶対にヒットしないと言われた企画。
練られた脚本と手際よい演出、俳優の演技力は確かにうなずける。けど、それだけでない、なにか。
アニメーションは国籍なく、グローバルコンテンツになりやすいと宗教のように言われています。一時はわたしも信者でした。
Netflixが世界配信しても、ヒットしないアニメはごまんとある。韓流ドラマもすべてが成功ではない(乱造気味も)。

誰か、偉い人のお話を聴くのも勉強だけれど・・・、自分の感性で、その場に行き市場や社会(人びとの気持ち)を探り、自分のコンテンツを生み出す。そういう、死ぬきの営み、クリエイターに必要では?(酷かな)



☆ ☆ ☆ ☆ ☆
(2)グループ現代 ドキュメンタリー映画のレンタル配信開始

映画製作、配給の「グループ現代」がレンタル配信を開始します。
配信サイト>> https://vimeo.com/groupgendai
グループ現代レンタル配信

グループ現代は、世界が抱えている社会問題から芸能、文化に至るまで、数多くのドキュメンタリー映画製作を手掛け、50年の歴史があるそう。

■第1弾 9月26日配信 
「環境問題を告発しグループ現代を創った男 ⼩泉 修吉特集」
配信作品:『農薬禍』(1967) 
『自然農~川口由一の世界 1995年の記録』(1998) 
『帝国ホテル~失われたライトの遺産』(1968)
『老いる~5人の記録』(1979)
『大日向村の46年~満州移民・その後の人々』(1986)『医す者として』(2011)

■料金
レンタル視聴 1本¥500(72時間視聴)
見放題¥1,000(月額) ※毎月作品が追加されます

第2弾は10月下旬配信予定。
「アイヌ・奥会津 遺された文化を記録する 民族文化映像研究所とともに」
配信作品:『山に生きるまつり』(1970)
『アイヌの結婚式』(1971)
『チセ・ア・カラ』(1974)
『うつわ~食器の文化~』(1975)
『奥会津の木地師』(1976)

アニメーションの作り手にはドキュメンタリー映画もみてもらいたいですね。
いろいろな人たちが、その命を生きていることを、映像でも知ることができるから。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆
(3)花コリ 名古屋、10月24日、25日開催

名古屋シアターカフェで興行した、「ビジュアルに発信する女性たち WAT 女性監督ドキュメンタリー・アニメーション+「Birth-めぐるいのち」完成記念上映」は無事終了しました。
ご来場いただいた方々、告知にご協力くださった方々、そしてWATの監督たちを応援してくださった方々、ありがとうございました!

名古屋のシネマコリアの西村さんからお知らせです。
韓国インディーズ・アニメーションの祭典「花開くコリア・アニメーション2020+アジア」、名古屋会場が開催されます。

■日程:10月24日(土)・25日(日)
■会場:愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEF

■事前予約制、定員は例年より減数されています。
申し込みはこちらから>> https://hanakori2020nagoya.peatix.com/

今回は。韓国のインディーズ・アニメーション映画祭「インディ・アニフェスト2019」上映作から、「To you」「With you」「From you」の3プログラムで、韓国短編20本とアジアの短編11本。

『椅子の上の男』『空き部屋』でアヌシー、広島など世界のアニメーション映画祭を席巻したチョン・ダヒ監督の新作『動きの事典』(韓国)、また広島国際アニメーションフェスティバルでヒロシマ賞を受賞した『ぼくがオオカミ?』(イラン)など。

短編『ウルフ・ダディ』、長編『ウリビョル1号とまだら牛』など、独特の世界観と動物愛(?)で知られる
チャン・ヒョンユン監督の新作劇場公開長編、家族で楽しめるファンタジー・アドベンチャー『魔王の娘、イリシャ』を日本初上映! 

■トーク「長編アニメーション監督として、KIAFA会長として」
 チャン・ヒョンユンさん(『魔王の娘、イリシャ』監督、KIAFA会長)
  ×土屋花琳さん(名古屋学芸大学)

■トーク「必見!メイキング公開、3DCG作品『つるつる村の理髪店』」
 ソン・ボギョンさん(『つるつる村の理髪店』監督)
  ×世古哲也さん(名古屋工学院専門学校)

■トーク「大学生が見て、訳して、感じたアニメーション」
 愛知淑徳大学字幕制作チーム(大学生11名・OG1名)
  ×三重野聖愛さん(映像翻訳者、愛知淑徳大学)

詳しくは公式サイト>> 


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット