オフィスH  誠信の交わり

オフィスH(オフィスアッシュ)のブログです。世界から、豊かな物語を紡ぐ個性的なアニメーション映画や独立系作家に役立つ情報を紹介します。

カテゴリ: 零細映画輸入業の太脚奮闘記

メディア芸術祭大賞 『はちみつ色のユン』

第17回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門の大賞を受賞した『はちみつ色のユン』の共同監督Jungさんから、世界中の「はちみつ色のユン」サポーターに、喜びのメールが届きました。 Jungさんが、”はちみつ色”にたどり着いたアイデンティティ探しの人生で、日 …
続きを読む

実写とアニメーションのハイブリッド、ドキュメンタリー・アニメーション映画『はちみつ色のユン』が11月に、米国公開されるニュースがAnimation Magazine Onlineで報じられました。 GKIDS to Release  'Approved for Adoption' in Nov>> インディペンデント映画の配 …
続きを読む

長編ドキュメンタリー・アニメーション映画『はちみつ色のユン』の映画祭受賞、特別上映の快進撃がつづいています。 監督のJungから、今日現在のリストが届きました。 いよいよ、Jungが生まれた韓国で、11月21日から全国30館で一般公開も始まります。 受賞 長編部門 …
続きを読む
『はちみつ色のユン』 ラテンアメリカ最大規模の映画祭で受賞

『はちみつ色のユン』が、ブラジルのリオデジャネイロとサンパウロで開催中のAnima Mundiで最優秀長編賞を受賞しました。 Anima Mundiは、ラテンアメリカ最大規模の映画祭で、今年で21回目となります。 そして、こどもたちが楽しそうにアニメーション映画を観て、アニメー …
続きを読む
『はちみつ色のユン』、ザグレブ2013でグランプリ&観客賞受賞

『はちみつ色のユン』の監督、Jungさんから嬉しいメールが届きました。 4日から開催されていた、ザグレブ国際アニメーション・フェスティバルで、長編部門のグランプリ&観客賞をダブル受賞したそうです。 去年は、アヌシーで長編部門の観客賞&ユニセフ賞を受賞。 …
続きを読む
仏Folimage 食育テーマの新シリーズ放映開始

フランスのFolimage(フォリマージュ)のジャックレミー・ジレールさんが監督、脚本家として参加した、新シリーズ『C'est bon(仮題 おいしい)』が、フランスのFrance3局LuDo.枠で放送が始まりました。 食育がテーマの本シリーズは、毎回 食材を決めて、それにまつわる …
続きを読む

都内で公開中の長編ドキュメンタリー・アニメーション映画『はちみつ色のユン』のJung監督が先月来日した時に取材されたインタビューが続々掲載されてきました。 ◇ 朝日新聞 朝刊「ひと」欄 1月10日>>  一人娘のLittleCometさんがが父のために書いた歌(エンディ …
続きを読む
はちみつ色のユン わたしの物語

腰痛と風邪で少しバテています。 去年後半も、働きました。しかし、10年前と比べると、持久力は落ちています、ね。 あと30年は、今のペースで働きたいと思うけど。無理かも・・・と不安がよぎる。 12月22日に封切りした、長編ドキュメンタリー・アニメーション映画『は …
続きを読む
アヌシー2012観客賞受賞『はちみつ色のユン』公開決定

今年のアヌシー国際アニメーションフェスティバルの長編部門観客賞とユニセフ賞を受賞した、長編ドキュメンタリーxアニメーション映画『はちみつ色のユン』の公開が決定しました。 本年12月22日より、ポレポレ東中野と下北沢トリウッドにて。 朝鮮戦争後、韓国では20万 …
続きを読む

デンマークにあった! 欧米の業界就職率8割を誇る、アニメーション人材育成機関 The Animation Workshop(アニメーション・ワークショップ)の代表モーテン・トーニング氏を招き、10月28日に京都国際マンガミュージアムで開催された、KYOTO CMEX2012連携セミナー「コンテ …
続きを読む
京都で、「コンテンツ産業と地域活性 ―デンマークのアニメ人材育成現場より」

コンテンツ産業と地域活性、ずいぶん前から語られ、各地でさまざまな試みがなされています。 10月に、京都国際マンガミュージアムで、”デンマーク”のアニメーション人材育成現場の実例を紹介する講演+パネルディスカッションをおこないます。 デンマークはあまり知ら …
続きを読む

フランスのフォリマージュ(Folimage)が制作し、昨年公開された、長編アニメーション映画『Mia et le Migou(仮題 ミアとミグ)』が、ヨーロッパのオスカー賞と言われるEuropean Film Awardの長編アニメーション賞を受賞しました。 12月12日に発表があり、フォリマージュ …
続きを読む

エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワークの定例研究会に招いていただき、1時間ほどの講演をします。 アヌシー国際アニメーション・フェスティバルとデンマークの視察の報告(その1)を準備しています。 日時:7月9日(木)、18時半~20時半 会場:青山学院大学 総 …
続きを読む
フォリマージュ スタジオの引っ越し

フランスのアニメーションスタジオ、Folimage(フォリマージュ)が引っ越ししました。 La Cartoucherieという、なんと“弾薬工場”の跡地ながら、なかなか雰囲気のあるサイトです(写真) 本当は、数ヶ月前に引っ越すハズだったのに、工事屋さんの手違いで窓だかドアだかが …
続きを読む

プロフェッショナル向けのデジタル映像制作ツール活用のための専門情報WebマガジンPronewsに、ヨーロッパのアニメーション力が世界市場を目指し、広がり、深化する現状(今日の姿)を寄稿しています。 連載3回目は、前回に引き続き、快進撃の北欧アニメーションからスウェー …
続きを読む
フランスのアーティストたち、日本ではアニメ教科書!?

東京工芸大学に招かれて、フランスのフォリマージュ(Folimage)スタジオから3人のアニメーション監督が来日して、講演会をおこないました。 フォリマージュの共同設立者のパスカル・ルノートルさんと、 『エゴイスト』『廊下』など、独特の画風とブラックユーモアが散りば …
続きを読む

PRONEWSという、プロフェッショナル向けのデジタル映像制作ツール活用のための専門情報Webマガジンが創刊しました。 [Anime bless you!]という連載を寄稿しています。 4回くらい出す予定です。 Vol.01 アニメで世界へ! ヨーロッパのアニメーションが熱い! ヨーロッパ・ …
続きを読む
フリーマガジンB@GS!で紹介されました

大阪発エンタメ系フリーマガジン「B@GS!」でコラム紹介されました。 B@GS!(バグス)は、今年4月に創刊されたフリーマガジンで、”オトナがハマるエンタメ系”なのだそうです。 東京では秋葉原、大阪では日本橋(にっぽんばし、と呼ぶらしい)で配っているとか(*)。 うーん、 …
続きを読む

フランスのアニメーションスタジオFolimage(フォリマージュ)の長編アニメーション第2弾『Mia et le Migou(ミアとミグ)』が、いよいよ12月10日にフランスで封切られます。 尊敬するジャックレミー・ジレールさんが監督する作品です。 設立20年を超すフォリマージュは、こ …
続きを読む

13日(土)、海外アートアニメーション@トリウッド 2008秋も無事幕開けしました。 3連休は、多くのカップルが観に来てくださったそうです。 お客さまが広がっている手応えですね。 数えてみたら、トリウッドでの海外アニメーションの興行は今回で14回目になります。 2000年 …
続きを読む

一部には、日本は「アニメ大国」、「ジャパンクール」といって、世界のどこででも、日本のアニメが席捲しているような風説が流れています。 フランスじゃすっごいんだよ、書店やDVDショップに、日本のアニメ・マンガコーナーがあってさぁ、とか。 コスプレで押しかける、アニ …
続きを読む

ドイツの若手アニメーターに注目して10年になります。 きっかけは、IMAGINAやアヌシー・フェスティバルなどで観た学生のCG作品でした。 とにかく気になったのが、バーデン・ヴュルテンベルク州立フィルムアカデミー。 「なんだ、これ、学生なのぉぉぉぉ!」と思わず声を上げる …
続きを読む
300本目の記事

05年5月にブログ開設して、やっと300本目の記事となりました。 ブログ=日記ということなら、筆無精もいいところ。 300本目に何を書こう?と少し考えました。 アヌシー出張で撮った写真をネタに、興味を持ったことにしました。 まずは、サッカーのEuro 2008。 別にサッカー …
続きを読む