オフィスH  誠信の交わり

オフィスH(オフィスアッシュ)のブログです。世界から、豊かな物語を紡ぐ個性的なアニメーション映画や独立系作家に役立つ情報を紹介します。

カテゴリ: なんちゃって コンテンツ資金調達

ヨーロッパ視察から戻ってきました。あちらでも、経済危機の影響は出ています。 さらに、(ミニ)バブル気味のアニメーションやゲームの制作会社の不調は、昨年後半以前から顕在化していたという話しも。 先週、映画ファンドの道を拓こうとしてきたジャパン・デジタル・コン …
続きを読む

マンガ・アニメ大好き!を自認される、麻生内閣の緊急経済対策に「コンテンツ産業」も成長産業の一つとして盛り込まれました。 一部マスメディアでは、「2020年までに20兆~30兆円産業」と、振興策の大判振る舞いを期待させる報道がなされています。 2015年までに20兆円と標 …
続きを読む

コンテンツ関連省庁の来年度予算が決まってくる今日この頃。 “取材”で知り得た情報をお知らしなきゃ、と。 今回は文化庁の予算です。 2009年度は、こういう予算が、映像系に割り当てられる予定とか: I. 文化芸術創造プランの推進 (計15,425百万円)  1. 最高水準の …
続きを読む

本当に必要なのは、日本の再定義 コ・フェスタは、日本を再定義し、世界に発信するイベントだ <後編> 日本のコンテンツ産業を2015年に20兆円産業にする。 政府の至上命題だ。クリエイティブ・インダストリー論で日本のコンテンツ産業躍進の設計図を描く、経済産業省商務情 …
続きを読む

「クリエイティブ国富論??」で、経産省のおもしろいお役人のスピーチに聴き惚れたことをお伝えしましたが、もっと聞きたくてご本人にインタビューしてきました。 話しの主は、経済産業省商務情報政策局メディア・コンテンツ課長の村上敬亮さんです。昨年着任されたけど、以 …
続きを読む

公正取引委員会は23日、「アニメーション産業に関する実態調査報告書」を公表しました。 アニメ制作では小規模事業者が多く、独占禁止法(優越的地位の濫用等)や下請法の観点から取り引き慣行に問題がないか調査し、課題の指摘と提言をおこなっています。 アニメ!アニメ! …
続きを読む

コンテンツ制作資金調達のいろいろを紹介した「なんちゃって コンテンツ資金調達」の連載もとうの昔に終了しましたが、紹介した企業や仕組みもそれぞれに変転しています。 大風呂敷だなぁ…と感じた中には事業縮小したものもあるようだし、掛け声倒れに終わりそうな仕組みも …
続きを読む

コンテンツ資金調達に不可欠とされる完成保証について、日本の実態に即した動向が出てきた。また、法律や経営診断の実務家がコンテンツ業界に対する組織的な取組みを始め、日本のコンテンツ産業が弱いとされてきた専門実務面でもコンテンツ流通促進を支える機運が出てきた。 …
続きを読む

コンテンツファイナンスの金融手法に乗り難い、世界有数のアニメ集積地・東京都杉並区の中小規模制作会社の現実感覚が断ずる、権利保有だけでは業界の構造的問題が解決しないという側面をレポートする。 <世界有数のアニメ産業集積地・杉並、中小制作者の現実感覚> 中 …
続きを読む

数十億円のコンテンツファイナンス手法が開発される一方で、世界的な高評価を得る独立系作家が数千万円の資金調達に苦労する現状が、日本にはある。金融手法だけでは解決できない、作家が抱く不信感、そして文化的価値のある創作に対する制作基盤支援の制度不足があるようだ …
続きを読む

アニメ業界で資金需要を持つ独立系制作者や中小制作会社の事例・実情を紹介する。 <ミニ・ジョイントベンチャーとしてLLPを活用する、シンク> シンクが制作に携わった『アニマトリックス』(ワーナー・ホーム・ビデオ2003年)は、人気映画『マトリックス リローデッド …
続きを読む

映画などの制作資金調達スキームとして製作委員会方式は発達した。しかし、その将来が危ぶまれる。そこで登場したのが、有限責任事業組合(LLP)である。 LLPは中小規模のコンテンツ制作者に適した制度として歓迎する事業者がある一方で、組成数は期待を下回る。事業組合の …
続きを読む

昨年12月に100億円を超えるコンテンツファンド組成の発表が相次いだ。GDHは、グループ傘下のアニメ制作資金とベンチャーキャピタルに金融機関や機関投資家から資金調達する。8年の実績を持つJDC信託は、ミドルリスクなポートフォリオ型ファンドの一般売出を開始する。 <2 …
続きを読む

小泉内閣の規制緩和の方針を受けて、コンテンツ資金調達手法の多様化が進む。中でも、コンテンツのファンド設立、信託運用は、一般投資家などからの外部資金流入の最有力策として期待される。コンテンツ信託の扉を開いた官民協働の経緯と先駆者JDC信託の実績を振り返る。 …
続きを読む

知的財産立国を掲げる政府は、経済界からの要望もあり、規制緩和によるコンテンツ資金調達の制度整備を急ぐ。昨年は、新制度を利用したファンド等が増え、高額資金の調達も可能になりつつある。直接金融の流れを作るコンテンツファンドや、制作者の権利・収益確保の自由度を …
続きを読む